ひっきー政策研究会

−−引き篭もりの考える日本の新しい政策−−

バラマキ外交?(外務省告示第202号)

5億円がモルディブ政府に贈与されるそうです。

協力の目的及び内容

経済社会開発に係る計画等を実施するために必要な両政府の関係当局で合意する生産物及び役務の購入

この告示では何のための贈与なのか全く分かりません。

民間企業の場合、この内容のプレスリリースで5億円の贈与を納得する株主はいないのではないかと思います。

以下の法律を制定しましょう。

税金の無駄使い抑止法(案)

第1条  この法律は、国民の血税が無駄に使われる事を防止するために制定する。

第2条  各省各庁の長は、支出又は収入に関する決裁をせずに、支出又は収入をしてはならない。長以外の決裁の権限を有する者も同様とする。

第3条  各省各庁の長は、支出又は収入に関する決裁をした場合、24時間以内に、その決裁文書(決裁の判断に使用した全ての説明資料を含む)をインターネットで公開しなければならない。長以外の決裁の権限を有するものも同様とする。

第4条  前2条に違反した各省各庁の長は、その職を失う。長以外の決裁の権限を有する者も同様とする。

 モルディブはゴミの焼却場の整備が充分でなく海岸でゴミ焼却している島もあるので、その整備費に賄われるならばいいですね。


外務省告示第202号

f:id:hitusgi:20191111111503p:plain