櫃木政策研究会

−−引き篭もりの考える日本の新しい政策−−

Amazonの中華電気製品にPSEマークが無い件

Amazonの中華電気製品について「PSEマークが付いていない」と怒りのレビューを発見したので法律を確認しました。 

電気用品安全法

第二十七条 電気用品の製造、輸入又は販売の事業を行う者は、第十条第一項の表示が付されているものでなければ、電気用品を販売し、又は販売の目的で陳列してはならない。

電気用品安全法施行規則 

 別表第六      別表第七

f:id:hitusgi:20191205132758j:plain f:id:hitusgi:20191205132833j:plain

確かにPSEマーク無しの販売は禁止されており、罰則もあります。

第五十七条 次の各号の一に該当する者は、一年以下の懲役若しくは百万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する。 
 第二十七条第一項の規定に違反して電気用品を販売し、又は販売の目的で陳列した者

Amazonの出品者は、懲役覚悟で商売しているようです。

 

さて電気用品安全法の目的は以下の通りです。

第一条 この法律は、電気用品の製造、販売等を規制するとともに、電気用品の安全性の確保につき民間事業者の自主的な活動を促進することにより、電気用品による危険及び障害の発生を防止することを目的とする。

PSEマークが無いと危険または障害が発生するならば、PSEマークの無い電気用品を、個人で輸入して自分で使用するならOKとか、外国人旅行者が日本に持ち込んで自分で使用するのはOKとか、は有りえません。何のマークであれ必要な安全性能を有しているかどうかが重要ではないかと思います。

 経済産業省は、自国以外の安全規格を一切認めないのではなく実害がないのならば他国の安全規格も認めてはどうでしょうか。(実害があるならば罰則付で使用禁止にすべきです。)

   ・・・・・

 話は戻りますが私がAmazonで購入した中華PCのACアダプタにもPSEマークはありませんでしたが、異常な発熱やコイル鳴き等の不具合もありませんでした(^o^)。

f:id:hitusgi:20191205155545p:plain

左から2番めの「CCC」マークは、中国の安全性認定制度のようです。